施術の流れについて

①受付

hanashi

初回来店時にはチェックシートに記入して頂きます。
チェックシートをもとにお話を聞きます。
・どこが痛いか?
・痛みなどであればいつから発生したか?
・どのような痛みか?
・どのような動きで悪化するか
などを確認していきます。

②お着替え

動きやすい格好であれば構いません。
上はTシャツのようなもの(ボタンのないもの)、下は伸縮性のあるズボンであれば大丈夫です。
アールイーでもTシャツと下ジャージを用意してますので、仕事帰りの方などは遠慮なくお申し付けください。

③姿勢チェック・可動域チェック

姿勢をチェックしていきます。後ろからの姿勢、横からの姿勢をチェックします。
また関節の動きをチェックします。症状によって多少チェック項目が変わります。

④触診・下肢長差検査

筋緊張や圧痛などを確認します。
足の長さをチェックします。
本当に足の長さの差がある場合と骨盤の歪みによって生じた足の長さの差ががあります。

⑤脊柱のモビリゼーションとアジャストメント

dscf0361

背骨全体の動きを確認しながら動きつけていきます。必要な部位に対してはアジャストメントを行ないます。

骨盤・腰部に対してのアジャストメント

骨盤矯正

必要な場合は骨盤、腰椎に対してのアジャストメントを行ないます。

骨盤矯正と呼ぶ方が多いですね。
カイロプラクティックでも、骨盤は脊柱の土台となるものとして重要視しています。
特に仙腸関節の問題にも着目します。

→骨盤矯正については

 

頚部の緩和操作とアジャストメント

dscf0355

必要だと感じた部位への筋緩和操作とアジャストメントを行ないます。

必要だと感じた部位のモビリゼーションととストレッチ

dscf0381

必要だと感じた部位に対してモビリゼーションやストレッチを加えていきます。調整をしやすくするため、またはアジャストメントの効果に持続性をもたせるためです。

⑥施術後の可動域チェック・次回予約

施術後に可動域など施術前と比較します。

お会計と次回予約など確認致します。

悪い姿勢の習慣が、悪い姿勢を正しいと誤認識してしまっているため、どうしても最初は元に戻りやすいです。
症状にもよりますが、最初の3回は間隔をあまりあけずに通って頂いた方が効果的です。あくまで目安ですが1週間くらいの間隔を案内させてもらっていることが多いです。

 

ご予約はこちら

HOME

Copyright(c) 2014 恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイー: All Rights Reserved.