産後のお悩みについて

以前勤めていた治療院が産後・妊娠中に力をいれていたため一番多くみてきたケースです。
託児スタッフがいないためお子様連れでの施術はできませんが、お子様をご主人やご両親に預けてこれる方は是非ご相談ください。
産後は骨盤周りの問題(腰痛・臀部痛・恥骨痛・股関節痛など)が起こりやすいです。

出産は怪我のようなものなので、産後に何もトラブルを感じない人の方が少ないのでしょうか。
産後時間の経過とともに骨盤が元に戻っていけば良いのですが、なかなか元に戻らないという人も多いです。
骨盤が元の状態に戻る機能が失われているためと考えられます。

産後は骨盤周りに問題が起きやすいため産後骨盤矯正という言葉なども使っておりますが、問題が起こるのは骨盤周りだけではありません。
特に育児姿勢(抱っこや授乳など)により肩が前に突出してしまうことが問題になっている人も多くいます。
首肩腕などの問題や頭痛などのお悩みもご相談ください。

産後の症状

dscf0371

  • 腰痛
  • 殿部痛
  • 股関節痛
  • 恥骨痛
  • 腱鞘炎
  • 頭痛
  • 産後骨盤矯正

産後の腰痛について

出産してお腹スッキリ~身体かるーいなんてわけにはいってませんよね、、、
極まれに産後全く問題のない方もいますが、ほとんどの産後のお母さんは不慣れな育児で身体も心も疲れ感じてますよね。
産後の姿勢は、妊娠中の名残りの姿勢(のけ反り姿勢)によってただでさえ腰痛になりやすい状態なので、妊娠中から腰痛を感じていた人は早めに対応した方が良いと思います。
自分も今絶賛子育て中なので育児の大変さはリアルタイムで共感できます。
これは非常に重要なことだと思ってます。
実際に育児をやってない人間にはわからない苦労ですからね。
産後の腰痛の原因は数多くあり、産後に腰痛を経験しない人ってあまりいないのではないでしょうか。
また臀部痛、股関節痛、恥骨痛などを伴っている人も多いのが産後の腰痛の特徴でもあります。

産後の腰痛の原因って?

①妊娠から出産にかけての問題(体型の変化やホルモンバランスの変化など)
②育児による負担による骨盤の歪みなど

上記のように大きくわけて考えることができます。
①には妊娠による姿勢の変化や骨盤の緩み、また骨盤に緩みに伴う筋力低下などがあります。
お腹が大きいと重心が前にシフトします。重心が前にきてしまっているのを安定させるために腰はのけぞっとような姿勢になります。
そうすると腹筋は常に伸ばされて使いにくい状態になります。また出産で腹筋を傷めてしまうこともあります。
これらのことは出産後に解決するのかといえば残念ながらすぐには解決されません。
骨盤が良い状態で安定していれば時間をかけて解決していきます。

②の育児の負担はいうまでもないですね。
私も今育児で大変な思いをさせられております…
私の場合は、出勤してから帰宅までの間は育児から解放されますが、一日中子育てに向き合うお母さんは本当に大変だと思います。
頑張りすぎて思いつめないようにしてください。

育児で負担になる要因
・おむつ替え
・授乳姿勢
・抱っこ(泣き止ますため)
・寝るときに片側を向いて寝返りがうてないこと。
・睡眠不足(夜泣きや授乳のため)
・心因的ストレス
などがあります。

歪んだ骨盤を調整するだけでなく、育児の負担を少しでも軽減できれば腰痛も楽になるはずです。
また一人目の出産の時には、「抱っこに不慣れ」「泣いたら抱っこしないと」などの要因によって抱っこによる腱鞘炎になりやすいです。
また赤ちゃんが隣に寝ているため片側を向いて寝ることが強いられることで肩や腕に問題が生じている方もいます。
寝返りが打てないために起きた時に腰が痛いというこもあります。
授乳の関係や夜泣きなどで睡眠がまとめてとれず、精神的にも肉体的にも疲労がたまっているお母さんも多いですね。

上記2つの問題が骨盤の歪みを作り、骨盤の歪みが産後の腰痛の原因になっているケースが多いと考えます。

恵比寿産後腰痛症例

産後5か月 前に屈む動作や立ち上がる動作で腰が痛い。(20代女性)

産後の股関節痛について

産後の股関節痛は腰痛とともに起こりやすい症状の一つです。
腸腰筋(大小腰筋、腸骨筋)は腰の前面から大腿骨に付着しています。
この筋肉に問題が起きると腰の深部や鼠径部などに違和感を生じさせます。
長時間座った後に腰が痛いことや股関節を屈曲させると詰まる感じなどがでます。
育児姿勢は前屈み姿勢が多いため腸腰筋を痛めやすいので注意が必要です。

産後の股関節痛の原因

・出産時に痛めてしまった。
・妊娠中のお腹を前に突き出す姿勢
・妊娠中に腹筋が弱化する傾向があるため負担が高くなる
・育児姿勢が前屈みになる姿勢が多いため(抱っこ、オムツ替え、授乳etc)
・ソファーに座る習慣
などが考えられます。
(作成中)

産後の頭痛について

意外に多いのが産後の頭痛です。
産後であろうと多いのはやはり片頭痛と緊張型頭痛だと思います。
片頭痛の持ちの人は妊娠初期は頭痛が増えたりもしますが、妊娠したときから産後授乳中の間頭痛が減る人が結構多いです。また頻度が増えたけど強度が減ったなんていう人もいます。
ひどい片頭痛持ちの人でずっと妊娠していたいなんていう方もいらっしゃいましたね。
もちろん片頭痛持ちでも産後ひどくなった人や変わらず辛いといった人もいます。
産後ひどくなった人は育児による睡眠不足や不良姿勢によって緊張型頭痛がひどくなったことで片頭痛のトリガーになってしまっていることなどが考えられます。鉄分不足なども関係している気もします。

産後に典型的に増えるのは緊張型頭痛のタイプだと思われます。
育児による不良姿勢や抱っこなどの負荷、また睡眠不足などによって筋肉への血流が悪くなるために緊張型頭痛に悩む方も多いです。

産後の頭痛の原因

・育児による不良姿勢
・抱っこによる筋肉に対する負担
・睡眠不足
・心因的ストレス
・鉄分不足
などがあります。
育児によるストレスが頭痛の原因になり、頭痛がまたストレスになります。
頭痛で苦しみながら育児をするのは子供にも良い影響を与えないのでなんとかしたいですね。
産後頭痛にお悩みの方は恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーにご相談ください!

恵比寿産後頭痛症例

 産後から毎日のように頭痛がする。(30代女性)

産後の肩こり、背中の痛みについて

育児の負担は大きいので肩こり、背中の痛みを経験している方も多いです。
抱っことか授乳とか育児の姿勢って方が前に出る姿勢ばっかりなんです。

肩が前に突出するため猫背が増強され、肩が前にでることによって上肢に問題が起こりやすいです。
また肩こり、背中の痛みがあるにも関わらず、他が辛すぎるために最初は相談されない方も結構多いです。
育児を想像すれば肩こりや背中に負担がないわけないですもんね。

産後肩こり背中の痛みの原因

・おむつ替え
・授乳姿勢
・抱っこ(泣き止ますため)
・寝るときに片側を向いて寝返りがうてないこと。
・睡眠不足(夜泣きや授乳のため)
・心因的ストレス
など産後の腰痛の原因と同じようなものがあげられます。
特に下向き姿勢と横向きで寝る姿勢の影響が大きいように感じます。
下向き姿勢は頭を前に突出させ後頚部から背中の筋緊張を高めます。
また横向きで寝る姿勢は下側に肩を前に突出させ肩関節や肩甲骨周辺に問題を生じさせます。

産後骨盤矯正

また出産前の体型に戻りたいといった目的がメインで来院される方も多いです。
女性にとっては重要な問題ですよね。
施術後にズボンが緩くなったなどのお言葉を頂くことは多いです。
できるだけのことはしたいとは思っておりますが、効果をお約束をするものではありませんのでご了承ください。

恵比寿 産後骨盤矯正

※恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは託児スタッフがいないため、お子様連れの来院はできません

子供を旦那や両親などに預けれる人は預けて是非来院して身体を楽にしてほしいと思っております。
そのくらいのご褒美はあってもいいと思います。

 

Copyright(c) 2014 恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイー: All Rights Reserved.