産後骨盤矯正について

産後骨盤矯正についての質問もよく受けます。
・「どんなことするのですか?」
・「産後骨盤矯正をしないとどうなるの?」
・「骨盤が歪む原因は?」
・「産後の骨盤矯正を進める理由は?」
・「いつから可能か?」
・「何回くらい通えばいいか?」
・「ズボンのサイズは元に戻るか?」「痩せるか?」

どれもはっきりと答えづらい質問ばかりです。
率直な質問って難しいものが多いです。
産後骨盤矯正とはそもそも何なのか?

出産というのは大変身体にとって骨盤にとってもたいへん負担の高いものです。
妊婦も赤ちゃんも怪我しているようなものだ言えます。

怪我が自然に治っていくのと同様に、出産時に緩み開いた骨盤は産後時間の経過とともに閉じて安定していくのですが、それがうまくいかない人が増えているように感じます。
そうして歪んだ状態で元に戻らなくなってしまった骨盤を調整を行うことを産後骨盤矯正と呼んでいるのだと思います。
産後に腰痛・臀部通・恥骨痛・股関節痛などが持続する人は是非ご相談ください。

「産後骨盤矯正とはどんなことするのですか?」

恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは産後といっても基本的にいつもと変わりませんが、問題の起きやすい骨盤周りを中心にチェックしていきます。
腸腰筋、殿筋群、腹筋、内転筋、ハムストリングなどの筋肉の状態などもチェックします。

産後とはいえ問題が起こるのは骨盤に限ったことではないので、骨盤以外の部位もチェックしていきます。
骨盤以外で問題が起きやすいのは、抱っこや授乳姿勢のために肩が前に入ってしまっているママさんが多いです。
そういった方には肩甲骨のモビリゼーションや胸筋のストレッチなどをしていきます。

何も骨盤だけを調整するわけではないのですが、産後骨盤矯正という言葉を使った方がわかりやすいようなので当店でも使っております。
骨盤周りに限らず頸部、肩、背中、腕などのこともご相談ください!

産後骨盤矯正
骨盤に対するアジャストメントの様子です。必要な箇所に対してアジャストメントを行います。
行わないケースもありますし、こわいと仰る方に対しては行いません。

骨盤周囲の筋肉に対する緩和操作など行います。
骨盤周囲筋肉のストレッチ
骨盤周囲の筋に対してストレッチを行ったりします。

「産後骨盤矯正をしないとどうなるの?」

まず産後の骨盤矯正についてですが、産後何も問題がなければ自然に骨盤は元に戻っていくので本来は何もしなくて良いものだと思います。
産後骨盤矯正しないといけないとを聞いている人が多いようですが、そんなことはありません。

ですが、骨盤が自然に戻る機能が弱まってしまっている人が多いのも事実です。
出産は怪我のようなもので、時間の経過とともに骨盤が元に戻っていけば問題ないのですが、骨盤が元に戻る機能が失われている方も多くいらっしゃいます。
現代人は骨盤の内側の筋肉の筋力が弱くなっていることもあり、骨盤の状態が元に戻らず産後から慢性的な腰痛を抱えてしまっている人も多いです。
また育児による不良姿勢なども骨盤が元に戻らない原因となってしまっていることが考えられます。
そういった問題を抱える人にははやめに産後骨盤矯正を受けておいた方が良いとは感じます。
なかなか育児で時間が取れない人も多いと思いますが、お困りの方は時間をつくって来店してきてください。

「骨盤が歪む原因は?」

骨盤の歪みの原因ですが、姿勢の問題や筋力の弱化などがあげられます。
筋力が弱まることも不良姿勢などからきていることが考えられていますので、おおもとをたどれば姿勢の問題と考えてよいかもしれません。
(※細かい原因はホルモンの問題など多くあります)
妊娠中はお腹が前に出てくるため重心が前がかりになります。
そのままだと前に倒れてしましますので、身体をのけ反るような姿勢になります。
そういった姿勢の名残が産後も抜けないということが産後の骨盤の歪みなどにもつながります。
また育児の姿勢もそうです。
育児の姿勢は基本前屈み姿勢です。当然、腰や背中に負担が高くなります。
また寝るとき赤ちゃんが横に寝ていると必ず同じ方向に横向きで寝ているなんて人は多いのではないでしょうか?
そういった偏った姿勢も骨盤の歪みにつながります。
改善できるところは改善していきたいですね。

「産後骨盤矯正をすすめられている理由は?」

上の質問においても答えましたが、出産が原因で骨盤のトラブルを抱えている人が多いからです。
問題を感じていない方は良いのですが、変な状態でほっておくと慢性的な症状が強く残ってしまうこともあるのではやめに対応した方が良いと考えます。
また慣れない育児の負担などから身体をメンテナンスする必要もあると考えます。
身体が弱ってくるとメンタルへも影響します。母親がまず健全じゃないと育児で赤ちゃんに伝わってしまいます。
まずはお母さんの身体から健全にしていきましょう!

「いつから可能か?」

明確な時期というのはないのですが、個人的には2か月、3か月後あたりからが良いのではないかと感じています。
産後直後は出産の影響が強すぎることもあり、とくに帝王切開などされた方は少しあけてからの方が良いと思います。
出産は怪我のようなものなのでまずは安静にすることが大切だと思います。(※寝たきりという意味ではありません。)
産後1ヵ月以内でも痛みがつらい方はご相談ください。

何回くらい通えばよいか?

症状や自分の目指しているところにもよって異なりますので、なんとも言い難いですがまずは3回を目安に考えてください。
育児が続く限りどうしても身体への負担が高くなってしまうので、必要な方はその後もメンテナンスで利用して頂いております。何をしても大丈夫な無敵な身体というのは残念ながら作ることはできません。
自分自身で悪くならないように管理していかないと育児中は元に戻りやすいのでそういったアドバイスもさせて頂いています。

産後骨盤矯正でズボンのサイズダウンするのか?

重要な問題ですよね。
サイズダウンが目的での施術ではないのでお約束はできませんが、施術後に変化を感じる人は多いです。
骨盤は時間の経過とともに本来あるべき状態に元に戻るはずですが、その骨盤が元に戻る機能が失われている方もおられます。
骨盤の本来はあるべき姿に戻る力を取り戻す手伝いはできると考えております。

恵比寿 産後

Copyright(c) 2014 恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイー: All Rights Reserved.