背中・肩甲骨の症状

「背中が張りが気になる」「肩甲骨の奥の方に鈍痛がする」「首を動かすと背中がピキッとする」
といった症状でこられる方が多いです。

痛みがあるのは筋肉ですが、その筋肉に問題をもたらしたのは日常の不良姿勢などです。

デスクワークなどでずっと頭と肩が前方に出た状態でいると背中は常に引っ張られたような状態になり問題が生じやすいです。
ゴムがずっと引き伸ばされると張力が弱くなるのと同じように筋肉もずっと伸ばされ続けると筋力を発揮しずらい状態になると考えられます。

適度に伸びたり、縮んだりすることが筋肉にとっては良い状態といえると思います。

また社会人になると運動する機会がへって肩甲骨が動かされなくなることも原因となっています。

カイロプラクティックの施術に加え、運動やストレッチを取り入れていくことで改善する症状が多いです。
肩甲骨に付着する筋肉は非常に多いので、肩甲骨を動かして背中や肩のコリを解消していきましょう。

また寝違えのような症状が背中にでる人もいます。
癖づいてしまっている人も多いですが、しっかり動かしていくことで再発しずらくなる人が多いです。

Copyright(c) 2014 恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイー: All Rights Reserved.