骨盤矯正について

骨盤矯正

骨盤矯正という言葉が定着してきましたね。
骨盤矯正希望です。」といった声を頂く機会が多くなりました。

→恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーの骨盤矯正の様子はこちら

美容と健康への関心が高まっていく中で、特に女性に関心の高いテーマなのだと思います。
骨盤矯正という言葉が各種療法で施術の中に組み込まれて、宣伝に使わえていることが多いです。

骨盤は脊柱の土台となる構造的にとても重要な部位です。
カイロプラクティックでは骨盤の歪み、特に仙腸関節の問題に注目しています。
仙腸関節とはほとんど動きがないとされている関節ですが、少しの可動性(3~5mm)をもつと考えられています。
そのわずかな可動性をカイロプラクティックでは重要視しています。
仙腸関節の動きが悪いと他の関節の負担が高まります。(これは仙腸関節の問題だけではないのですが)
サボっている人がいると周りの人の仕事が増えてしまうのと同じように、人間の身体でもサボっている部分があると働きすぎになってしまう部分が出来てしまうんですね。
反対に仙腸関節が動きすぎてしまうのも問題ではあります。
仙腸関節が動きすぎてしまうとグラグラして土台が不安定になってしまうからです。

 骨盤を構成する要素

  • 左右の寛骨・仙骨・尾骨から構成される。背骨の土台となる部分です。寛骨、仙骨、尾骨はいずれも成長とともに癒合するため個数が変わります。寛骨 : 腸骨、坐骨、恥骨が融合して一つになったもの。
  • 仙骨 : 5個の仙椎が癒合して1個の仙骨となる。
  • 尾骨 : 3-6個の尾椎が部分的にあるいは全面的に癒合して尾骨となる。数は不定である(個々人で異なる)

骨盤の問題(骨盤の歪み)によって

  • 骨盤周囲の問題はもちろん骨盤とは全く関係ない場所にも問題が発生することがあります。
  • 骨盤に問題が起きると、まず骨盤に付着する筋、靭帯などに問題が発生します。
  • 骨盤の歪みなどが神経の促通を悪くし、骨盤内の内臓などの機能も低下することがあります。
  • 骨盤が傾くことで代償的な問題が骨盤より上の部分で起こりえます。
  • スカートがクルクル回ったりします。
  • 左右の足の長さに差生じます。
  • 写真を撮った時に肩のラインなどに傾きが生じます。
  • 骨盤が後傾するとO脚になりやすいです。(股関節は伸展・外旋、膝関節は屈曲・内反・内旋するため)
  • 骨盤が前傾するとX脚になりやすいです。(股関節は屈曲・内旋、膝関節は伸展・外反・外旋するため)

骨盤が歪む原因

まずは姿勢の問題が考えられます。一番多いのは猫背姿勢です。
例をあげると、デスクワークにより肩が前に入った状態になると背中がまるまりやすくなります。(いわゆる猫背姿勢です)
そうすると座った状態で骨盤を立てていることが難しくなり、後傾しやすくなります。
そういった習慣により骨盤の問題がつくられます。

骨盤矯正で痩せる?

「骨盤矯正で痩せますか?」「骨盤矯正で痩せました。」など声をよく頂きます。
女性にとっては一番興味があることなのかもしれませんが、骨盤の状態を整えることで痩せる人もいますが、痩せることを目的にはやっていないのでなんとも言えないところです。
別に痩せることが良いことではありませんが、筋肉が正常に働けるようになることや代謝がよくなるなどのことは望ましいと思います。

 骨盤矯正のメリット

  • 骨盤に付着する筋肉の状態が安定する。弱化している筋肉が働きやすくなる。筋緊張が落ち着くなど。
  • 構造上の脊柱の土台部分にあたるため土台が安定すると上(腰、背中、首)も安定してくる。
  • 内臓の働きがよくなる。(疾患がよくなるわけではありません。)
  • 代謝がよくなる。浮腫みなどに改善がみられることもある。
  • スカートがクルクル回りづらくなる。

▶恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーの骨盤矯正の様子はこちら

 

Copyright(c) 2014 恵比寿整体|恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイー: All Rights Reserved.