産前産後のケア

カイロプラクティックで産前・産後のケア

産前トラブルの主な原因は「血流」

妊娠中は体重が大幅に増え、血液量は1.4倍にまで増加するにもかかわらず、大きなお腹の為に運動量は下がり血流は悪くなるばかり。
血流が悪くなれば、むくみや痔などのトラブルも出てきます。
大きなお腹は血管を圧迫するだけでなく、姿勢や歩き方を変えてしまいます。
むくみや運動不足の解消の為に、意識してウォーキングをされている方も多いのですが、どうしても関節をあまり動かさず、足をほとんど上げないペンギンのようなペタペタとした歩き方になってしまいます。
関節を動かさないこの歩き方では、血流はよくなりません。この為、せっかくウォーキングをしてもなかなか効果が上がらない事が多いのです。また踏ん反り返ったこの姿勢は、腰や背中に負担がかかります。急激に重くなるお腹を支えることで更に負担が増し、腰痛や背中の痛みを引き起こします。とはいえ出産までお腹は大きくなる一方ですし、歩き方を戻すことも難しいので、こまめにメンテナンスを受けられ、血流のよい状態を保たれるのが良いと思います。

恵比寿カイロプラクティックラボアールイーでは、妊娠中の方にも安心して施術を受けていただけます。施術は横向きの体勢で行いますので苦しくはありませんし、施術を受けた日は不快感が軽減され、よく眠れたとのお声をいただきます。
血流が良い状態になればツラいむくみもすっきりとしてきますので、お悩みの方はぜひお試しください。

産後トラブルは「育児の姿勢」に原因が

出産後は休む間もなく育児に追われます。育児の主な内容としては「授乳」「オムツ替え」「だっこ」この3つが大半を占めますが、これらはすべてかがんだ姿勢でしなければいけません。
この為に首や肩、背中の負担が大きくなり慢性的なこりを感じることになります。
そしてこの慢性的な首や肩のこりは、頭痛へ繋がりやすく、これまで頭痛などあまりしなかったという人でも、産後はじめてひどい頭痛を経験するという事があります。
少しでも首や背中の負担を軽減する為には、オムツ替えを床に敷いた布団の上でしている場合は高めのベビーベッドにしてみたり、ソファなどに寄りかかる体勢での授乳を試すなどの工夫が必要ですが、それでもなかなかこの時期のこりはとれません。
また産後は抵抗力が弱っているだけでなく、寝不足や疲労でより病気にかかりやすくなります。
たとえ短い時間でも、しっかりとメンテナンスをして体を休める事が、明日への回復力へ繋がります。

恵比寿カイロプラクティックラボアールイーでは、お子様連れでもゆっくりと施術を受けていただけるよう託児サービスがございますので、ご予約時にお申し付けください。

 

託児サービル