姿勢とカイロプラクティック視線の影響

カイロプラクティックは姿勢を重視します。
PC作業やスマホ文化によってますます姿勢は悪くなっていく予想がされます。
スマホ病なんて言葉まで生まれてきています。

姿勢が悪いとなぜ悪い?

ずっと同じ姿勢などでいると関節の動きが悪くなり、神経の促通も悪くなるとカイロプラクティックにおいては考えられています。またずっと同じ姿勢でいると姿勢を維持する筋肉の負担が高く、筋緊張を高めます。悪い姿勢だとより負担が高くなります。また悪い姿勢自体が筋肉の緊張を高めたり、筋力低下を招いていると考えられています。姿勢の悪さが肩こりの原因、頭痛の原因、腰痛の原因となります。

また背骨の歪みや骨盤の歪みは筋骨格系の働きだけでなく胃腸など内臓にも関わります。浮腫みやすくなる原因にもなりうるので注意が必要です。

皆様の姿勢はどうでしょうか?

立ち仕事の方、デスクワークの方によってどういう姿勢でいることが多いかは異なります。
また手作業が多い、人前でしゃべることが多いなどの環境やソファーに座っていることが長い、床に座ることが多いなどの家での生活習慣など様々な要素によって姿勢の変化が生じます。

姿勢を悪くする習慣

・スマホやPC作業など下向く時間が長いこと
・ハイヒール
・育児
・重いバックを常に持っている。
・横座り
・寝ながら読書

他にも姿勢を悪くする習慣は沢山あると思います。

ノートパソコンの姿勢

姿勢は視線との関りが強いです。左のイラストのようにノートパソコンを使っているとモニターが低いため姿勢が崩れやすいです。良い姿勢を意識していても長時間作業しているとモニターに吸い寄せられます。

モニターが低い位置にあるために、頭が前に出てきます。背中も丸まり所謂猫背姿勢が作られていくのです。頭が前にでると顎を引いた状態だと下向きになるため、前を向くために顎が浮いたような姿勢になっていきます。

このような姿勢は頭が骨格にのらないため首から背中の筋肉の負担が増加します。

 

スマホをみる姿勢

左のイラストはスマホを使用している時の姿勢です。電車や家などスマホを使用する頻度は多いのではないでしょうか?

電車などで座ってスマホをいじっている人をみると下向き姿勢な人ばかりです。スマホにを操作する姿勢はパソコンを使うときよりも下向きになるため後頸部の筋肉への負担は増します。

イラストをみても頭が骨格に全く乗っかっていないことがわかります。

 

 

 

 

姿勢と骨盤矯正

姿勢が気になってと来られる方で、「骨盤の歪みを見てほしい」「骨盤矯正希望です。」などの声を頂くことも多いです。骨盤は脊柱の土台となっており、姿勢への関りが強いです。建築物などを考えても土台がしっかりしてないとグラついてしまうので骨盤は非常に大切なポイントとなります。

恵比寿 骨盤矯正