腰痛や股関節痛現代社会では腰に負担のかかりやすい姿勢が多く、癖になりやすい腰痛をしっかりとケア

腰痛について

腰痛は原因が特定できるかによって特異的腰痛・非特異的腰痛の2つに分類されています。じつは腰痛の85%がはっきりと原因がわからない非特異的腰痛と考えられています。特異的腰痛は腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症や骨折、癌や結石、感染症や脊椎炎その他疾患によるものなどがあり、原因がはっきりとしています。カイロプラクティックの適応となるのは非特異的腰痛と腰痛ヘルニアの一部(重度でないもの)です。脊柱管狭窄症は腰椎の調整などは禁忌ですが、軽度のものであれば身体のバランスを整えていくことで改善が見られる例も多いでのす。

長時間座っていると腰が痛い、屈む動作や立ち上がる動作で腰が不安

腰痛

腰痛は男性に一番多い症状で、女性においても肩こりの次に多い症状です。その腰痛の85%は非特異的腰痛と言われています。原因がはっきりとしていないのが、非特異的腰痛ですが、その中でも痛む場所・痛みが誘発される動作・痛みの種類などが様々です。疼痛部位では腰の上の方(胸腰移行部)の痛み、腰の下の方(腰仙部)の痛み、仙骨周辺のみ、仙腸関節周辺の痛み、臀部の痛み。また腰痛によって立ち上がる動作が辛い、腰を屈めるのが辛い、腰を反らすのが辛い、ずっと座っているのが辛い、ずっと立っているのが辛いなど人によって異なります。ギックリ腰なども非特異的腰痛に含まれますが、特徴が強いためギックリ腰は「ギックリ腰」の項目をご覧ください。

腰痛の原因になる生活習慣

  • デスクワーク(日常的に長時間)
  • 運転することが多い(日常的に長時間)
  • 出張が多く新幹線や飛行機に乗ることが多い。
  • 妊娠、出産、育児
  • 立ち仕事
  • 高いヒールの靴を履く習慣
  • 重いものを持つ
  • 中腰の作業
  • 心因的なストレス

などがあります。特に最近では心因的なストレスが大きく関わっていることなどが考えられてきています。厚生労働省の『腰痛対策』においても心理的要因が注目されるようになっていることが記述されています。

お話を伺いながら、痛みがでている場所と痛みがでる動作を確認していきます。まずは根本的な問題と考えられる骨盤の歪みや腰の状態を調整していきます。痛みの直接的な問題になっている、骨盤に付着する筋肉などに対して緩和操作などを行っていきます。立ち仕事の方ですと、骨盤の外側につく筋肉などに対して緩和操作を行うことが多く、座り仕事では腰椎の前方から股関節についている大腰筋が腰痛に関わってることが多くみられます。大腰筋の状態を確認し、緊張が強い場合は緩和操作など行っていきます。身体の硬さなどの影響が強い方もいます。そういった方にはストレッチなども取り入れながら施術をしていきます。

非特異的腰痛

靴下を履こうとしたときにピキっとなり激痛が、ゴルフの翌日から腰が痛くて起き上がれない

ギックリ腰

俗に言う「ギックリ腰」の正式名は「急性腰痛症」といいます。非特異的腰痛に分類されるのですが、特徴が強いため項目を分けてご説明いたします。
ギックリ腰になったことがない、という人は多いのですが、一度ギックリ腰になると癖になる傾向があります。普通の腰痛との違いは、「腰痛になってしまった瞬間」に身に覚えがあるか、ないかです。(重いものを中腰で持ち上げようとした時にいためた、など)原因となる動作はいつもやっていることなのに、今回だけなぜ?とおっしゃる方も多いのですが、普段から腰に負担が蓄積されてたところに、さらに刺激が加わったためギックリ腰になるという事が考えられます。人によってはクシャミや、靴下を履こうとて…なんて方もいらっしゃいます。
重症な場合ですと、全く身動きがとれずに救急車を呼ぶしかない状態に…という事もあります。どんな動きが腰に負担がかかっているかを知り、日頃から腰に負担がかからない生活をすることが大切です。

軽度なものから重度なものまでありますが、非常に辛い腰痛です。「ギックリ腰」の痛みは炎症からくるものと、筋肉の緊張からくるものがあります。発症直後は炎症の要素が強いので、まずは安静にすることが必要となります。
恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーで行うのは、筋肉の緊張に対してのアプローチがメインとなります。痛みを軽減させるように施術によって筋肉の緊張を緩めていきますが、基本的に炎症に関しては触れば触るほど悪化します。緊張は少し緩んだとしても、炎症は少し広がってしまう為、、施術直後は大きく軽減しないことも多いです。しかし炎症に関しては、安静にしていると落ち着いてくるので、予後が良いことが期待できます。
また来店や帰宅中に腰に負担がかかってしまう問題もありますので、症状の強さによってはまずは安静にしていた方が良い場合もあります。
※多くのギックリ腰の人方が来店されていますが、大変申し訳ございませんが施術室は2階となり、エレベーターがございません。あらかじめご了承下さい

腰を曲げると片側の足に痺れが生じる、朝が特に辛い

腰椎椎間板ヘルニア

「腰椎椎間板ヘルニア」は外傷などのきっかけで椎間板の中の髄核が飛び出してしまった状態のことを言います。20代から40代に多く、加齢、椎間板に負担がかかる動作、スポーツ、遺伝、喫煙、心因的なストレスなどが原因としてあげられます。ヘルニアの部分が神経根などに触れると、痺れや感覚麻痺や筋力低下などを起こすことがあります。重症な場合は外科的な処置が必要となります。

ヘルニアは状態であって、ヘルニアが存在しても痛みや痺れがないという人もいます。カイロプラクティックの施術でヘルニアを取り除くことはできませんが、背骨や骨盤周りを調整していくことで痛みや痺れが軽減していくことがあります。腰へのアジャストメントはヘルニアの存在する部位には行いません。背骨骨盤に関してはヘルニア部位に負担がかからないようにするための調整をおこなっていきます。椎間板ヘルニアの方は3ヵ月~半年くらいかけてじっくりみさせて頂く必要があります。まずは3回施術を受けてみて効果を感じられるか判断してください。
※排尿障害があるなどの重度のヘルニアの場合は施術できません。

歩き出すと痛みや痺れがでて休むとまた歩けるようになる

脊柱管狭窄症

「腰部脊柱管狭窄症」とは、骨や靭帯などの軟部組織の変性により脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されて腰に痛みや足に痺れが生じさせる疾患です。50才以上の高齢者に多くみられます。長時の歩行で症状が増悪し、腰を屈めてしばらく休むとまた歩けるようになる間欠跛行が特徴です。また前屈みの姿勢が楽になる傾向があり、自転車は楽な場合が多いです。反対に腰を反らす姿勢は痛みや痺れを増悪させます。

脊柱管が狭窄する部位に関してのカイロプラクティックのアジャストメントは禁忌とされていますが、身体のバランスを整えることで軽減するケースもあります。

 脊柱管狭窄症の楽になる姿勢は前屈みになることです。そのため腰部への負担は常に高くなります。身体を反らす動きで悪化することや分離症などもある人もいるので腰部を後ろから前に圧迫することは避けます。腰の負担を軽減するために身体を調整をおこなっていきます。また背骨を丸めるようなモビリゼーションなどを行っていきます。軽減される方も多いのですが、なかなか軽減せず手術を選択した人も多いです。手術をして良かったという報告もあれば、手術によってあまり変わらなかったという報告も受けております。