産後のトラブル頭痛・腰痛・股関節痛・腱鞘炎

産後の問題

産後のトラブル

通常料金

産後のトラブルの改善にはなんといっても休養が大切ですので、じっくりと施術の受けられる通常コースがおすすめです。託児サービスがございますので、ご予約時にお申し付け下さい。(託児をご利用いただけるお子様は1名様となります)

腰痛

出産してお腹スッキリ、腰痛も一緒になくなった…なんて人は残念ながらあまりいません。
産後の姿勢は、妊娠中の姿勢の影響を受けのけ反り姿勢になっていることが多く、まだまだ腰痛になりやすい姿勢です。
産後の腰痛の原因は大きくわけて2つ考えられます。

1.妊娠~出産時の問題(体型の変化やホルモンバランスの変化など)

2.育児の姿勢。

妊娠~出産での姿勢の変化や骨盤の緩み、骨盤周りの筋の筋力低下などがあります。
妊娠中はお腹を前に突き出して反り返ったような姿勢になります。腹筋は常に伸ばされるため筋力を発揮しづらい状態になります。
また人によっては出産時に腹筋を痛めてしまう人もいます。
出産したら筋力はすぐに戻るというわけにはいきません。
骨盤が安定していれば時間をかけて元に戻っていきます。

ふたつめの育児はしている方であればおわかりだと思います。育児で腰痛の原因となるのは
・おむつ替え
・授乳姿勢
・沐浴
・抱っこ(泣き止ますため)
・寝るときに片側を向いて寝返りがうてないこと。
・睡眠不足(夜泣きや授乳のため)
・心因的ストレス
などがあります。
赤ちゃんは常に自分より下にいるため中腰姿勢を強いられます。
ただでさえ妊娠を通して腰痛になりやすい姿勢になっていますので、育児をしていて腰痛にならない方が不思議なくらいだと思います。
また赤ちゃんが隣に寝ているために、寝返りがうないことも朝起きた時の腰痛の原因などになります。
授乳の関係や夜泣きなどで睡眠がまとめてとれないことも回復を遅らせ、腰痛を悪化させるのです。

恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは産後の腰痛に対してまずは骨盤の周囲の筋にアプローチします。
腸腰筋(股関節の奥の筋肉)や殿筋群(おしりの筋肉)など筋緩和操作を行い、その後骨盤の調整を行います。女性はもともと反り腰の人が多いのですが、妊娠出産は反り腰をより強めます。腸腰筋の緊張を緩めることによって反り腰が自然によい状態になるようにしていきます。
これがいわゆる「産後の骨盤矯正」と言われているものです。
また必要な筋肉にはストレッチなども加えて行います。

恥骨・股関節痛

妊娠中~産後の反り返った姿勢は、腰だけでなく股関節にも負担になります。腹筋が弱化にともない腸腰筋の負担は高まります。
腸腰筋は腰側は腰椎の前面に付着し腰の奥の方の腰痛に関わりますが、股関節にも付着しています。
そのため股関節側に痛みを訴える人も多いのです。痛みや股関節が「詰まる感じ」といった表現をします。
育児をしていると強いられることが多い中腰での作業、というのも股関節痛の原因となります。
意外と多い恥骨痛。妊娠中から恥骨痛を引きずってしまう人も多いのです。
妊娠中は骨盤が緩み、わずかに恥骨が開きます。その時に緩みすぎてしまった人、そして意外と多いのが、緩んだ時にストレッチなどをやりすぎて恥骨痛になってしまった人 です。

産後の骨盤の痛み

股関節痛に対しては、股関節のモビリゼーションと腸腰筋(股関節の奥の筋肉)にアプローチしていきます。腸腰筋は腰側にも付着しているので、骨盤と腰部もあわせて調整してく事が重要です。
恥骨筋に対しては恥骨に過度なストレスがかからないように、支点を作りながらストレッチをしていきます。こちらも骨盤の調整をともに行うことで自然に元になるよう手助けしていきます。またマタニティヨガなどでストレッチするのは大変良いことが多いのですが、実は人によっては向いてないポーズもあります。
両足をガニ股に開いてしゃがむようなポーズは、恥骨を両サイドから引っ張るような力がかかり、人によっては恥骨痛の原因となっているように思われます。やっていて違和感がある場合は控えて見てください。

背中の痛み

育児は抱っこにしろ、授乳にしろ抱きかかえる姿勢が多く、そのため肩が前に丸まります。そういった姿勢が続くと胸筋が短くなり、肩が前方に突出してきます。
そうすると背中は常に引き伸ばされた状態になり、背中に問題が生じます。また妊娠からの反り返った姿勢も背中の負担が高くなる原因となります。

胸椎や肩甲骨上腕関節のモビリゼーションを行います。肩を前に引っ張る大胸筋・小胸筋などのストレッチを行います。また反り腰姿勢に関わる腸腰筋や腹筋に対してもアプローチしていきます。こうすることで正しい姿勢に戻り、痛みが改善されます。
また胸筋のストレッチを行うと「母乳の出が良くなった」という方が多いので、ご希望の方には自分でできるストレッチなどもご案内致します。

頭痛

「妊娠中や産後には頭痛が減る」という方は多いのですが、逆に増えてしまった、または産後はじめて頭痛になったという方もいらっしゃいます。
育児は授乳やオムツ替えなど下向き姿勢が多いです。下向き姿勢は重い頭を支える首肩の負担を増やします。また抱っこ姿勢が多いため肩が前に入りやすく猫背姿勢にもなっていきます。頭部と肩が前に突出すると前を向くには顎が浮いた状態になります。反対に後頭部はつまるような状態になり、後頭下筋群の緊張が強まります。育児の姿勢から緊張型頭痛のタイプは頻度が増す傾向があります。
睡眠不足などもあり、筋緊張が高まるため毎日のように頭痛がする人もいます。
育児による心因的なストレスなども影響します。
妊娠中出産で貧血ぎみになって頭痛になる人もいます。育児中の頭痛はなんともツライものですので、お困りの方はご相談ください。

産後の頭痛

頸部を中心に脊柱のモビリゼーションを行います。猫背に関りが強い筋肉(胸鎖乳突筋、後頭下筋、胸筋)などの筋緩和操作を行います。
これによって産後の頭痛は改善しやすいのですが、元に戻りやすい頭痛でもあります。また酷くなって動けなくなる前に、定期的なメンテナンスをおすすめ致します。

腱鞘炎

第一子の出産後に多い症状が腱鞘炎です。女性は妊娠中・出産後・閉経後は女性ホルモンの働きによって腱鞘炎になりやすい状態になっています。ただでさえなりやすい状態なのに、育児で手を酷使するわけですから腱鞘炎になる人が多いわけです。はじめての赤ちゃんですから、びくびくしながら余計な力が入った状態で抱っこしていることも増悪させる要因となります。泣かれるとすぐに抱っこしなくては!と抱っこしすぎて痛めてしまうということが考えられます。
妊娠中に筋力は弱まっています。その弱まっている筋力での慣れない作業(授乳、沐浴、抱っこなど)は手首への負担を高めます。

前腕伸筋群(肘と手首の間)の筋緩和と肘関節、肩甲上腕関節にモビリゼーションなどを行います。こうすることで手首や手の甲の筋肉をやわらかく動かしやすく、していきます。
産後の腱鞘炎はもちろん抱っこが一番の原因になりますが、スマホの操作は腱鞘炎を悪化させる原因となりますので、できるだけ控えましょう。

疲労

妊娠中の疲労感と育児中の疲労感はまったく別の疲労です。妊娠中はとにかく体がだるく、眠たい、動くと疲れてしまう…といった症状ですが、育児中の疲労感は、出産のダメージから回復していないまま育児に突入し、深夜の授乳や昼夜を問わない抱っこ、初めての育児による緊張感で体はガチガチ…。出産後は抵抗力も落ち、育児で疲労し風邪まで引いたという方は多いもの。

身体全体の緊張をとるために脊柱全体にモビリゼーションを行います。筋肉の緊張が取れると副交感神経が優位になり、眠くなります。
睡眠の質が上がれば、短い睡眠時間でも効率よく回復できるようになります。アールイーでは「託児サービス」がございますので、お子様連れでも安心して施術をお受けいただけます。

 
託児サービル
ご予約