妊娠中のトラブル・むくみ妊娠中は様々な体調の変化がありトラブルの起きやすい時期。こまめなメンテナンスを。

産前の問題

妊娠中のトラブル

ショートコース

妊娠中の症状は出産まで続くことが多いもの。妊娠中は短くこまめなメンテナンスが大切!
30分のショートコースがおすすめです。

血行不良

妊娠中は運動が制限されることや、お腹が大きくなって血管を圧迫してくるため、血行不良になりやすいもの。
血行不良はむくみやお腹の張り、痔などのトラブルに繋がりやすいので、こまめにケアをしていく事が大切です。

足関節、下腿三頭筋(ふくらはぎの上部)、前脛骨筋(すね)だけでなく動きが悪い関節の可動域を増やし、痛みを取ります。
妊娠中は体型の変化や運動の制限などもあるため首、肩や背中などにも問題が生じやすく、首・肩・背中・腰部・股関節などをゆっくりと動かしていくことで、血流を促します。

足のむくみ

妊娠中のむくみは、ほとんどの妊婦さんの悩みです。
赤ちゃんに届ける血液量が増えて体内の水分量が増えているので、妊娠前に比べてむくみやすい状態なのです。
また妊娠後期は赤ちゃんが大きくなってくる関係で、血管を圧迫し、さらに浮腫やすくなります。朝起きたら足がゾウのようにぱんぱん!と驚かないよう、就寝時妊娠後期においては左側を下にして寝る姿勢(シムスの体位)をとり休むようにしてください。

妊婦さんは激しい運動はできないので、なかなか足関節を動かすように意識するのは大変です。運動を推奨されたくさん歩いている人でも、お腹が大きい為、ペタペタと関節を動かさない歩き方をするため、浮腫解消の効果がでにくかったりします。恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは足関節の動きをつけるようなモビリゼーションと下腿三頭筋(ふくらはぎの上部)のストレッチ、また前脛骨筋(すね)に対してアプローチすることによってむくみを解消していきます。

足がつる

妊娠前は足をつったことが無いという人でも、妊娠をきっかけに起きやすくなります。
足がつるのは一般的には水分不足、ミネラル不足、冷えなど血行不良、筋肉の疲労などが考えられています。
妊娠中特有なのはミネラルの不足が起きやすいことです。妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養が送られるためママのミネラルが不足しがちになります。
また激しい運動などはできず、体型の変化から歩幅が狭い歩行になります(ペンギンのようなペタペタとした)。そうすると足関節の動きが制限され、下腿三頭筋(ふくらはぎ)の収縮と伸長がされなくなるために、ふくらはぎの筋肉は緊張します。もともとハイヒールなどを履く習慣がある人では、下腿三頭筋が収縮した状態で固まって緊張が強くなるためにつりやすくなっている場合もあります。

足がつる

実際に妊婦さんに聞いても、寝るときに足がつる、または足がつって起きてしまうという人は非常に多いです。
恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは足関節をゆっくりと動かし、下腿三頭筋(ふくらはぎの上部)のストレッチ、前脛骨筋(すね)などにアプローチします。
こうすることで「足がつる」ことを治しているわけではありませんが、施術後に足が「つらなくなった」というお言葉をもらうことが大変多いです。

背中や腰の痛み

妊娠中は急激に体重が増加し、骨盤が緩み、姿勢が変化します。これでは背中や腰が痛くなって当たり前の状態といえます。
急な体重の増加は妊娠に限らず筋力がそのままで増えた体重を支えるため、背中・腰に負担になります。
そしてお腹が大きくなることで重心が前方に移動します。そのままだと前に倒れてしまうので後方にバランスを取ろうとします。
お腹が前にでてふん反りがえった姿勢になることで身体を背中と腰で支える比重が高まり、背中や腰が筋緊張が高まります。
仙骨が当たって痛いため、仰向けができない人も多いです。

妊娠中の腰痛

この妊娠中の姿勢は、産後も尾を引くことがあります。妊娠中から臀部や背中・腰部の筋緊張を悪化させないようにしておくと、産後が楽になります。
恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは妊娠中の方には特に、痛みなどを確認しながら施術していきます。
施術は側臥位(横向きに寝た状態)と仰向けで行います。施術に関して不安なことがありましたらご遠慮なくお尋ねください。

よく眠れない

妊娠中に意外と多いのが夜寝付けない、夜中に起きてしまうなどの睡眠の問題です。これは妊娠中期〜後期に起こりやすく、原因はプロゲステロンとエストロゲンという二つのホルモンのバランスが変化するためと考えられています。妊娠初期では逆にプロゲステロンがたくさん分泌され眠くなりやすくなります。赤ちゃんにとって大切な時期なので身体をしっかりと休ますためだと考えられています。
妊娠中に寝つけなくなるのは、エストロゲンの方が関わっています。エストロゲンは妊娠中期以降に多く分泌されるようになります。
出産後は昼夜問わず赤ちゃんの世話をしなければなりません。そのため睡眠が浅くなるよう準備をしている為だと言われています。
ホルモンのバランス以外にも、心因的なストレスや、身体の緊張も大きく関わります。
特に妊娠中は心因的な不安は多く、これからお母さんになる人にとっては色々こみあげてくる時期でもあります。
それに加え体型の変化により身体の緊張が普段より強くなるわけですから、眠りづらくなるのは当たり前とも言えます。

恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでは、身体筋肉の緊張を緩和させることによって、睡眠の改善へアプローチをします。態勢が苦しくないかなど、確認しながら関節のモビリゼーションとストレッチ、筋緩和操作などを妊娠期特有の体の緊張やこわばりを解消することにより、睡眠の質を上げます。実際に、施術を受けた日はぐっすり眠れたと言われる方は多いので、睡眠に不安のある方はぜひご相談ください。

疲労感

妊娠して疲れやすくなった、これまで出来ていた事が大変になったと感じる方は多いようです。
ホルモンのバランスの変化、貧血、睡眠不足、体重増加や姿勢の変化による筋緊張、心因的なストレスなど様々な原因が考えられます。
妊娠中は何かと先のことが不安になる時期であり、心因的な要因も大きく、それらのストレスは体の緊張へつながり、体の緊張は疲労感に繋がります。

カイロプラクティックで精神的なストレスを無くしたり、ホルモンのコントロールをすることは出来ませんが、むくみやこり、こむらがえりなど妊娠特有の症状には大変有効です。施術を受けた日は体が軽くなって、足もつらず良く眠れた…という声は多く、またゆっくりと休む事ができれば、疲労を次の日の持ち越さずにすみます。