腰痛について

肩こりと並び腰痛持ちの人は非常に多いです。有訴者数において男性では1位、女性でも2位に位置する症状です。
恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーに来店で一番多い症状でもあります。
ひとえに腰痛といっても様々な種類の腰痛があります。
原因が病院ではっきりとわかっている腰痛(特異的腰痛)とわからない腰痛(非特異的腰痛)があります。
腰痛の85%が非特異的腰痛と言われています。
原因ははっきりとはわかっていない腰痛の中でも痛みの種類が異なります。
動きで痛みがでる腰痛においていえば前屈みで痛い(曲げると痛い・収縮すると痛い)腰痛と身体を反らすと痛い(伸ばすと痛い・伸長されると痛い)腰痛があります。
腰痛ちゃん

特異的腰痛

医者の診察および画像の検査で腰痛の原因が特定できるもののことを言います。
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・圧迫骨折 4%
・感染性脊椎炎や癌の脊椎転移
・大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患
などがあります。
これらに関しては病院に行かないとわからないものなので可能性が考えられる方は病院に行ってください。

一番上にあげた椎間板ヘルニアは軽度なものだと腰痛の原因と言い切れません。
なぜなら画像上ヘルニアが存在していても腰痛を感じていない人と感じている人がいるからです。
椎間板ヘルニアは状態であって症状ではありません。
なので椎間板ヘルニアが存在していても悩んでいるのは非特異的腰痛だったりもします。

非特異的腰痛

腰痛の85%が非特異的腰痛と言われています。
簡単に言えば厳密な原因がよくわからない腰痛のことです。
画像や血液検査などでの異常所見がなく今のところ病気などが隠れている心配がないとされる腰痛ともいえます。
特異的腰痛か非特異的腰痛かの診断は病院でしか検査できません。
なにか病気じゃないかとお考えの方はまずは病院に行って診断してもらいましょう。
来店する方お悩みの腰痛の多くの人がこの非特異的腰痛に悩まされている人です。
非特異的腰痛の多くにトリガーポイントが関わっているように思われます。

腰痛の原因となる生活習慣

  • ずっと座りぱなしが多い(デスクワーク)
  • 重い荷物を運ぶことが多い。
  • 中腰の作業が多い
  • ずっと立ちっぱなしなことが多い(立ち仕事)
  • 車での運転が多い。
  • ヒールの高い靴をよくはく
  • 妊娠
  • 産後の抱っこ
  • 心因的ストレス

などがあります。
多忙ちゃん
様々研究の結果、心因的ストレスの影響が大きいと考えられるようになってきています。
厚生労働省の腰痛対策においても
『最近では、職場の対人ストレスなどに代表される心理的要因が注目されるようになってきています。例えば、「仕事の満足度が得にくい」「働きがいが感じられない」「仕事中にイライラすることが多い」「上司や同僚とうまくいかない」「患者や利用者から嫌がらせを受ける」などです。』
といったっことが記載されています。

座り仕事の腰痛

座っていることが長いと腰の前方から股関節に付着する腸腰筋が収縮した状態が続きます。その状態がずっと続いていくと腸腰筋の緊張が高まります。それが腰痛として現れることがあります。腰から股関節につく筋肉の問題のため腰痛として訴える人と股関節痛として訴える人がします。ずっと座っていると股関節がムズムズするなどはこのタイプの腰痛の場合があります。車の運転ではさらに腸腰筋を収縮させた状態になるので長時間の運転が多い人は注意が必要です。
またソファに座る習慣も仕事で座っている椅子よりも深いため腸腰筋の緊張を高める原因になるので控えましょう。

立ち仕事の腰痛

立ち仕事が多い人も腰痛持ちが多いです。自転車でスピードが出ている時は左右にブラつかないですが、ゆっくりになるとグラグラ揺れます。人間でも同じで立っていると常に左右にグラグラ揺れ、それを無意識のうちにバランスをとっているのです。その左右のぐらつきを外側の筋肉に頼って支えるために臀部痛から腰痛になりやすいパターンが多いです。美容師、アパレル販売、料理人、ホール仕事などに多い腰痛のタイプです。

妊娠中の腰痛

妊娠中はお腹が大きくなることで重心が前方にシフトします。そのままだと前に倒れてしまうのでバランスを取ろうと身体はのけぞったような姿勢になる傾向にあります。そのため腹筋が伸ばされ弱化される傾向があり、その分背部の筋の負担は高まります。
急な体重の変化に筋力がついていかず腰部や股関節周りの筋肉に痛みを感じる妊婦さんもいます。
また寝ている時に寝返りなどをうちずらくなってしまっていることも腰痛に関係していると思われます。
どんな姿勢でもずっと同じ姿勢というのは疲れてしまうのです。

妊娠中の腰痛

産後の腰痛

出産したら身体はすぐに元に戻りません。妊娠中の不良姿勢の名残りによって腰痛になりやすい状態で育児などしていくわけですから腰痛を感じない産後のお母さんの方が珍しいくらいだと思います。
育児はオムツ替えなど中腰姿勢になることが多いので、「腰をかがめるときに痛い。」「立とうとした時に痛い。」といった腰痛を感じやすいです。産後骨盤の状態が良くない人ではもっと強い症状を訴えてることもあります。

恵比寿 産後腰痛

トリガーポイント

上にあげた腰痛にトリガーポイントが関わっていることが多いです。
トリガーポイントとは筋肉にできる圧痛点のことです。
圧痛点には索状硬結と呼ばれる小さな塊ができます。筋肉の起始部分や停止部分の周囲にできやすいです。
トリガーポイントを押圧すると押された部分だけでなく広い範囲に関連痛が生じます。
筋肉によってはすごく離れた場所に関連痛をだすものもあります。
その押された時にでる関連痛の範囲が普段の腰痛を感じる箇所であればトリガーポイントによる腰痛の可能性があります。

恵比寿 腰痛恵比寿 骨盤矯正

 

関連記事

  1. 首と肩の症状(肩こりなど)について

  2. 治療院名由来