腰痛多くの人が経験する腰痛。放っておくと動けなくなることも

腰痛について「腰痛」は肩こりと並び、多くの日本人を悩ませている症状です。男性では1番目に、女性でも肩こりに次いで2番目に多い症状が「腰痛」です。
慢性的な腰痛持ちの方から、なんとなく腰が重い、ちょっとした動作で一時的に痛かった…など誰でも一度は「腰が痛い」と感じた事があるのではないでしょうか。
二足歩行になってからずっと続いている人類の悩みが「腰痛」といえます。しかしその腰痛の85%が非特異的腰痛(ひとくいてきようつう)とされています。

では「非特異的腰痛」とはなんでしょうか?

非特異的腰痛とは?

簡単にいうと「原因が明らかでない腰痛」のことです。
逆にレントゲンで骨の異常や神経圧迫などが見られる場合には「特異性腰痛」と呼ばれます。

では「ギックリ腰」はどちらでしょうか?
重い物を持ったなど原因がはっきりしているように思えますが、分類的には「非特異的腰痛」となります。骨の異常や神経圧迫ではないものはすべて「原因が明らかでない腰痛」と分類されます。

ですから来店されるお客様のほとんどが「非特異的腰痛」です。
病院に行ってレントゲンを撮っても「問題なし」の為、困り果てて来店されます。「非特異的腰痛」の原因はひとつでない場合が多く、いろいろな要因が結果としてひとつの「腰痛」となって現れます。
そういった症状こそ、丁寧なカウンセリングとカイロプラクティックの技術がお役に立てるかと思います。

腰痛の原因

非特異的腰痛はなぜ原因が明らかにならないのか?
画像や数値では見えないうえに、原因が1つではなく複雑だからだと思われます。病院においては非特異的腰痛に対して、原因を追及していくことは殆んどないようです。

原因は1つではなく複雑に絡み合ったものだと思いますが、腰痛の方に多い特徴は以下のようなものです。

・不良姿勢
・特定の筋肉の酷使
・骨格
・運動不足
・寝不足
・心因的要因
・冷え
・栄養の問題

同じ姿勢での作業や不良姿勢

ずっと「同じ姿勢」でいることは「同じ筋肉」に負担をかけ続けることになります。
座りっぱなしのデスクワークや、立ち仕事はそれだけで腰痛の原因となります。また姿勢の悪い方はより影響を受けやすくなります。

座ることの多い人の腰痛
座りぱなしでいる時間が長い人は腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)が緊張しやすくなります。
長時間ソファーに座っていたり、長時間車の運転をすることは、パソコンチェアに座ってデスクに向かうより、股関節の屈曲の角度が大きいためさらに腰痛になりやすい姿勢といえます。膝関節の角度も大きくなり普通の椅子に比べ腰にかかる負担が高まります。柔らかいベットなどに座って授乳などすることも腰痛を悪化させる原因となります。

立つことの多い人の腰痛
立ちっぱなしでいると、座っているよりも姿勢を支持する筋肉の負担が高くなります。
脊柱起立筋や殿筋群の緊張が強くなります。
その場合、痛みが腰ではなく中殿筋や大腿筋膜張筋(TFL)に出る場合があります。(トリガーポイント)

姿勢とカイロプラクティック

特定の筋肉の酷使

スポーツや力仕事をしている人は、繰り返しの作業により、良く使う筋肉の緊張が強くなってしまいます。長引くと慢性の炎症を起こしてしまいます。
サッカーをやっていた人などは腸腰筋の緊張が強い人が多く、社会人になってから腰痛に悩まされる人もいます。

骨格

腰痛も骨格の影響を受けます。骨格は遺伝しやすく「椎間板」は親の遺伝により腰痛になりやすい部分とされます。
同じような骨格だとしても、必ずしも子も腰痛になるとは限りませんが、なりやすい骨格を持っているという意識をしていただき、予防に努めていただくのが良いと思います。

運動不足

運動不足などにより筋力が弱化してしまって疲労しやすくなっている場合もあります。
様々なケースがありますが、腹筋が使われていない(弱い)ために腰にばかり負担がかかってしまっている事が多いケースです。
この場合筋肉を鍛えない限り続いてしまいますので、弱い箇所の筋力アップをしていただく必要があります。
腰に負担のかからない腹筋の鍛え方がありますので、施術の後にご案内いたします。

心因的要因

全ての症状に関連するものですが、最近では以前よりも関連性が強く考えられてきています。
ストレスで痛みを感じにくくする機能が弱まることで、痛みに過敏になってしまうことが考えられています。またストレスがたまることによって自律神経が乱れ、痛みに過敏になる説もありますし、また痛みを記憶してしまいトラウマになっているような場合もあります。
例えばギックリ腰で痛めことにより、特定の姿勢をとると筋肉が強ばってしまう…のようなケースです。

冷え

冷えも筋肉の緊張を高め、腰痛の原因となります。人によっては温めただけで改善される腰痛もあります。寒い場所での作業、オフィスの空調、または薄着など心当たりのある場合は、防寒や膝掛け、一枚靴下を増やすなどをするだけで改善してきます。
股関節周辺がムズムズするような痛みがある場合は、冷えからきている事が多いので上記のような対策をする必要があります。

栄養の問題

無理なダイエットは腰痛の原因になります。カルシウム、ビタミンD、マグネシムの不足が腰痛を引き起こすことがあるからです。
逆に肥満(体重増加)による腰痛もありますので、最近太ってきたという方はカルシウム、ビタミンD、マグネシムの不足に注意しながらの食事制限と運動の必要があります。

産前産後の腰痛

妊娠中はお腹が大きくなることにより、バランスを保つために反り返った姿勢になります。反り返った姿勢は腰への負担が高くなります。
また産後は妊娠中の姿勢の名残りと、出産の影響に加え、育児によって腰痛に悩まされることが多いです。頻繁はオムツ替えなどにより前屈みの姿勢が多い為です。腰を曲げずにオムツ替えや着替えのできる高めのベビーベッドを使われると良いでしょう。

産前産後の問題について

腰痛へのアプローチ

『不良姿勢による筋緊張』『脊柱の可動性の減少』『股関節の動きの制限』などが影響していると考え施術を行います。
腰痛の痛み場所や特定の動作での痛みなどをチェックし、それに合わせて施術を行います。

疼痛部位の確認

まずは痛い場所を確認します。胸腰移行部、腰仙部、仙腸関節、腸骨稜周囲、股関節周囲など腰痛といっても痛みの感じている場所は異なります。また痛みの部位には、はっきりとここと指し示せる局所的な痛みと、広範囲で痛い部位が局所的でない場合があります。

姿勢の確認

女性などは反り腰姿勢が腰痛に関わっていることもあります。また腰痛が原因で逃避姿勢になっている人もいます。

痛みのでる動作を確認

一番多いものとしては腰を前に曲げると痛いのか反らすと痛いのかです。横に曲げる動作や回旋動作も確認します。
痛みの場所と痛みのでる動作から痛みに関係が強そうな筋肉などを考えます。

腰痛への施術(非特異的腰痛)

①脊柱の可動域をつける

骨盤矯正同じ姿勢でいることが多いため脊柱や骨盤の可動域が制限されている人が多いです。脊柱に動きをつけていくことで脊柱起立筋などの緊張の緩和が期待できます。また必要な場合骨盤や腰椎の調整を行います。

 

 

 

②股関節の動きをつける

股関節のモビリゼーション腰痛持ちは股関節につまるような感じを持っている人が多いです。股関節を動かし股関節の可動性をつけることや股関節周囲の筋の緩和なども狙います。股関節には腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)や殿筋群など多くの筋肉が付着しています。股関節が正常な動きを取り戻すことで股関節周囲に付着する筋肉の状態を正常にするのが目的です。

 

 

 

③骨盤周囲の筋の緩和操作

殿筋の緩和操作腸腰筋、腰方形筋、殿筋群(大中小殿筋や大腿筋膜張筋など)に対して緩和操作を行います。緊張が緩和されると施術後に軽減を感じて頂けると思います。立ち上げる動作で痛みが出る人は腸腰筋の緊張が関係している可能性を考えて施術を行います。また立ち仕事などが多い人は臀筋群の緊張などを考え施術を行います。