恵比寿カイロプラクティックラボ・アールイーでの施術を骨盤矯正という部分に絞って流れを説明します。

姿勢チェック

骨盤矯正前姿勢チェック

骨盤の傾きなどをチェックします。体幹から上肢の距離などを確認し、チェックします。隙間が大きい側に傾斜していることが多いです。

下肢長差検査

下肢長差検査

骨盤矯正を行なう前に、左右足の長さをチェックします。どこを調整するかの決め手のひとつになります。

仙腸関節のチェック

骨盤矯正前触診
仙腸関節の動きや仙腸関節周囲の圧痛などを確認します。

骨盤へのアジャストメント

骨盤矯正
検査にて決定したサブラクセーションに対してアジャストメントを行ないます。
お話を聞くとこれが骨盤矯正のイメージのようです。

骨盤周囲の筋肉にストレッチなど緩和操作

骨盤矯正ストレッチ
骨盤の良い状態を持続させるために、骨盤周囲の必要な筋に対してストレッチなどを行ないます。
以上が骨盤矯正にスポットを当てた施術の流れです。

 

骨盤矯正